おらんくの海

12月26日、透明度も上がって来ました。

竜串海域公園3号地はテーブル系サンゴが良く育っています。

そこにはゲンナイ(クロホシイシモチ)の群れ(この夏生まれた子と一緒に)でいっぱい。

お正月には、これらがグラスボートで見ていただけます。

28~29日が雨模様で、チビッと心配。

11 12

おらんくの海

12月20日、今年も残りが少なくなって来ました。

レスリングの「アニマル浜口さん」のように「気合だぁ~」3連呼の後

飛び込んでみると、海水温度はまだ19℃。

シコロサンゴの周りを、ソラスズメダイやクロホシイシモチの群れが

泳ぎまわっていました。8 9

おらんくの海

オニヒトデやレイシガイダマシなどと同様にサンゴを食べるのが、この「マンジュウヒトデ」で写

真右上の小さなサンゴを食べています。ただ、オニヒトデのようにサンゴを食べ尽くすような食

べ方はしないので今のところ駆除の対象にはしていません。個体によってそれぞれ色模様が

違う綺麗なヒトデです。

10

さて、次の写真でオニヒトデの食痕はどちらだと思いますか ?

8 9

今一つは、ここ数年言われているサンゴの病気「ホワイトシンドローム」 かも知れません ?

 

おらんくの海

先日、グラスボートで海域公園3号地を案内中「食事中のオニヒトデを発見 !

早速、「不法侵入罪」で逮捕しました。

海域公園外のサンゴが無くなっているので食料を求め、入ってくるのです。

オニヒトデ氏には気の毒ですが、船長も心を “オニ”にして退治しました。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

また別の場所では、近くの海底で見つけたモイカルアーとの対比 !

オニヒトデの大きさが判りますね。棘先の黄色い部分が硬く、思わず深く突き刺さるのです。

ダイバーが刺され亡くなった例もあるので、磯で見つけても触らないよう注意が必用 !

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

おらんくの海

「足摺海洋館」 その②

「ダイオウグソクムシ」も珍しい生き物ですが、

今 日本の水族館で飼育されているのは、ここだけではないか ?

とも言われているのが、これ !

「アカウミガメ」 と 「タイマイ」(ベッコウガメ)のハイブリッド(混血種)  ?

これはぜひ大きく育って欲しいですね !

5 6