おらんくの海

竜串観光汽船船長:5月28日(金) 昨日とうって変わって波も静か。一昨日のスーパームーン(竜串では天候悪く皆既月食も見えず)で 大潮。

潮汐表ではマイナス15cmとこの春からでは一番の引き潮。

巨大に育った見残し湾のシコロサンゴもこの通り、水面から頭が上に出てしまいました。

おらんくの海

竜串観光汽船船長:毎年春から夏にかけての大潮の干潮時には、見残し湾のシコロサンゴはガラスを通して見せることが出来ません。

巨大に育ちすぎて水深が浅すぎるのです。

この時船長はお客様を後部デッキに出ていただき、ボートの上からご案内しています。

シコロサンゴ全体が見えるうえ、お魚たちも良く見えるので 好評!!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

おらんくの海

竜串観光汽船船長・・・現在竜串湾に流れ込んでいる三崎川は、1944(S19)年に三崎側から竜串へ付け替えられています。

今から77年前の事。写真中央奥側が現在の竜串の町中央で、左下の線路は工事の土を運ぶトロッコを通すためのものと推定されます。

この写真は、1937(S12)年頃に写されたと記されていて、当時を偲ぶ貴重な資料です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA