見残しマップ

 ∴ バクチ岩



見残しの名称『大正九年』に関連あり。通路から少し上がった所に平らな一枚岩があります。昔西風が強くなると船が進めなくなり、 見残し湾に船を舫い、風が止むのを待つ間、船乗り達がここでさいころ≠竍花札≠ネどをしたということです。  



戻る