Produce by 竜串観光汽船

トップページ
今月の話題
観光船情報
海中公園/見残し竜串
アクセス・料金


バックナンバー(今月の話題H16/7/31):元気に育つ竜串海中公園のサンゴ



 【@海中公園3号地の移植サンゴの成長】  竜串観光振興会では平成12年〜15年の4年間毎年サンゴ移植を行って来ています。 平成13年9月6日の西南豪雨では、竜串湾内にはたくさんの土砂が堆積し、 サンゴを含めた多くの生き物たちが死んでしまいました。…が比較的浅い所に移植したサンゴ達は、 その8割が元気に育っています。後2年くらいすると海底の岩肌を被うくらいになるので楽しみです。




 【A平成14〜15年とソフトコーラル】  (トゲトサカ)が増えてきています。テーブルサンゴ(クシハダミドリイシ) は波の影響が小さい所では1年間に 10cmくらい成長すると言われていますが、 竜串の海では4〜6cmくらいのようです。




 【Bスリバチサンゴの周りを泳ぐカゴカキダイ】  スリバチサンゴの中央部は、13年の水害で中央部に泥がたまり死んでしまいました。 今年は春から台風などの影響が強く、 波の高い日が多かったのでサンゴの周りの泥が少なくなっているように感じます。




 高知県土佐清水市竜串19−10  〒787-0452

 竜串観光汽船/tel:0880-85-0037/fax:0880-85-0632