Produce by 竜串観光汽船

トップページ
今月の話題
観光船情報
海中公園/見残し竜串
アクセス・料金


バックナンバー(今月の話題H15/5/1):竜串の海は恋の季節



 今、竜串の海は恋の季節。 アオリイカの産卵が今年も見られるようになりました。毎年4月中頃から7月なか頃の間で見ることが出来ます。水深17〜20mの場所に産卵場を設置します。そうすると何処からとも無くアオリイカが集まってきて、卵を生むのです。以前の竜串周辺の海には、"ホンダワラ"という海草が茂っていて、これが絶好の産卵床であったのですが、今では全くといって良いほど無くなってしまいました。産卵床に使う木は、モチ、ウバメガシ、スギ、ヤマモモなどの木の枝が良いと言われています。海の中に漬けて葉が早く落ちてしまわない木が良いのではないかと思います。  産卵の様子を見ていると、2匹のペアーでやって来ます。大きい方がオス、小さい方がメスです。産卵床の側までやってくると、メスが自分の気に入った枝の奥に卵を産み付けるのですが、オスの方はそれを見守るように警護しています。そのさまは、私の語学力ではうまく言い表すことが出来ませんが、感動の一言です。




 先日潜ったときに会ったアオリイカの若夫婦との話。"私らあも子を産みたいがやけんど、住宅難で困っちょる"………との事でした。




 30年近く竜串の海で潜っていますが、昨年やっとCカードなるものをいただけるレベルに達しました竹葉です。アオリイカの産卵を見たい方は、連絡をいただけましたら、ショップを紹介致します。
 電話 0880-85-0037  FAX0880-85-0632





 高知県土佐清水市竜串19−10  〒787-0452

 竜串観光汽船/tel:0880-85-0037/fax:0880-85-0632